<   2006年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧
grubからDISTのインストールイメージを起動する方法
GRUB での手順もよく似ています。 /boot/grub/ ディレクトリ (時々 /boot/boot/grub/ ディレクトリ) に、 menu.lst を配置して、以下の行を追加してください。

title New Install
kernel (hd0,0)/boot/newinstall/vmlinuz root=/dev/ram0 ramdisk_size=12000
initrd (hd0,0)/boot/newinstall/initrd.gz

その後再起動してください。 起動に失敗する場合は、「kernel」 行に devfs=mount,dall を追加してみてください。

initrd イメージのサイズ用に ramdisk_size の、値の調節が必要かもしれないことに注意してください。その後は、GRUB と LILO に違いはありません。


成功したがその後大失敗。
インスト用にhda1をフォーマットしなおしたらgrub error 17で起動できず終了。またノートバラすのかよ。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-20 02:44 | Linuxメモ
デフラグ病
http://japan.linux.com/kernel/03/10/16/1431223.shtml
デフラグが気になってしょうがないというのは、windowsのもたらした一つの病なのかもしれない。

w2k上のコンソールstreamripperで複数リップしてみ聞いてみると、頭が音飛びしているのがある。これがファイルシステムによるさけられない現象ならば、linuxに変えれば改善するのかもしれない。が、いまのところ夜中も静かにリップできるのマシンがwinしかないためあらたに構築しなくてはならない。ポイントは大容量で静かなhdd、ただそれだけなんだが。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-18 18:40 | PC・アキバ
SSHでのXアプリケーションを利用するための設定
遠隔pcのXアプリをローカル上のXで動かすのをやってみた。これでサーバーは押入の奥に入れておいても不自由なく使えるという憧れの機能。

http://www.cc.tohoku.ac.jp/service/USE/X-Win/unix-ssh.html
・SSHによる接続
・Mathematicaを利用する場合(フォントサーバの設定)
・SSHによる接続(X11 forwarding 不使用)


ssh 192.168.0.* -X -l username
pass

だけでxmmsなどのXアプリがローカルpcから使え、サウンドは遠隔pcから出た。
だが−x だと速度が遅いらしい。

-Xオプションの使いかたをやってみたがうまくいかない。
setenvというコマンドがないと言われる。setでやってみたが失敗したみたいだ。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-17 12:19 | Linuxメモ
音楽データ取り放題 Streamripper
ipodを買ったけど入れる曲があんまりないあなた!
そんなあなたに

Streamripper!

ほんのちょっとの予算で(本当は無料)何百曲ものデータがとりだし放題!さあいますぐお電話を。

というくらいにテンションあがるソフト。
一般にはネットラジオなんて言われているStream放送。こいつは録音するのは簡単だけど管理が面倒。このソフトはそんな面倒を全部やってくれる。曲ごとにファイルをわけ、ファイル名もしっかり入れてくれる。ID3タグは入らない。とおもったけど入ってました。さらにこれの良いところは再エンコードしない点。そのままリップ。

弱点は途切れることがあるのと、音質は放送局に依存。CD音質にはならない点。DJが入る局が多く、FADE INなどで完全にはリップできない点。気にしないひとにはいいかと思う。細かいこと気にするひとはCDでも買ってくれ。

使ってみた感じではとても良く、自動でがんがん溜っていく。ただし、HDDや回線が弱いと途切れることがある。

バージョンには
Streamripper (winamp 5)
Streamripper (unix source)
Streamripper (win32 console)
があり。その他に

Other Streamripper versions:
StationRipper (Win32)
StreamripperX (OSX) ¹
Streamripper32 (Win32) ¹
がある。other以下は別人によるバージョンみたい。

StationRipperはフリーと有料があるだけあって簡単で便利だとおもうが、フリーは一度に2局までしか同時にripできない。製品は600まで。もっとも回線やHDD速度などの関係であまり多くても問題が出るシステムもあるだろうから、自分にあったのを選ぶといい。

LinuxではstreamTunner使うと便利。フロントエンドとなって局を選んで録音ボタン一つでリップ可能。

console版を使うと同時DLに制限はない。その点TEXT consoleのlinuxで使うと軽くていいかもしれない。

その気になれば同時に数百もの局をリップして1日で数ギガものデータを得ることも可能だろう。

追記

win版コンソールを使ってみた。軽い。複数リップするコンソール画面が複数でて見にくいが重くはない。128bit
放送で15kb/sくらいの帯域を使うようなので、かなり同時録音が可能。

linuxも同じく軽く、リップ中ほとんどcpu負荷が上がらない。ただファイル作成時にはぐっと上がり、100%になってしまいこのときに音切れが生じる。出来るだけ早いシステムなほうがベターなのは当然だが、mmxでも結構普通にリップ出来てしまうので、hddさえ最新ならばかなり使えると思う。

1日4局リップして5G弱程度だった。以外と溜ってなかった感じ。ほとんど頭と尻切れ状態であった。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-15 14:51 | PC・アキバ
ATI製のドライバinstall
あとで整理

https://lg3d.dev.java.net/ja/lg3d_hol/html/linatisetup.html

ATI製のドライバはXFree86/Xorgのバージョン毎に用意されていますのでダウンロードを行う前に XFree86/Xorgのバージョンを確認しておきます。


# X -version

X Window System Version 6.8.2 (Debian 6.8.2.dfsg.1-11 20051129054125 David Nusinow )
Release Date: 9 February 2005
X Protocol Version 11, Revision 0, Release 6.8.2
Build Operating System: Linux 2.6.14-2-686 i686 [ELF]
Current Operating System: Linux KanotixBox 2.6.14-kanotix-9 #1 PREEMPT Wed Dec 28 10:17:53 CET 2005 i686
Build Date: 29 November 2005
Before reporting problems, check http://wiki.X.Org
to make sure that you have the latest version.
Module Loader present
OS Kernel: Linux version 2.6.14-kanotix-9 (root@Kanotix) (gcc version 4.0.3 20051201 (prerelease) (Debian 4.0.2-5)) #1 PREEMPT Wed Dec 28 10:17:53 CET 2005
kotatu@KanotixBox:~$


root になって rpm を deb にします。(そんなことができるんですね。知らなかった。) それをインストールします。

# alien fglrx-glc22-4.3.0-3.2.8.i586.rpm
fglrx-glc22_4.3.0-4.2_i386.deb generated
#dpkg -i --force-overwrite fglrx-glc22_4.3.0-4.2_i386.deb




ドライバのインストール

ATI製グラフィックスドライバは ATIのウェブサイト( http://www.ati.com/jp/index.html ) に公開されています。
トップページから「ドライバ」→「Linux Drivers and Software」→「Radeon 8500 Series and Higher」と リンクをたどっていくと見つかります。
ドキュメント記述時(2005/12)の最新版のドライバは 8.19.10 です。

ATI製のドライバはXFree86/Xorgのバージョン毎に用意されていますのでダウンロードを行う前に XFree86/Xorgのバージョンを確認しておきます。


# X -version

X Window System Version 6.8.2
Release Date: 18 December 2003
X Protocol Version 11, Revision 0, Release 6.8
Build Operating System: SuSE Linux [ELF] SuSE
Current Operating System: Linux lacus 2.6.5-7.183-default #1 Tue Jun 7 15:57:09 UTC 2005 i686
Build Date: 10 May 2005
Before reporting problems, check http://www.sun.com/service/sunjavasystem/jdsserviceguide.html
to make sure that you have the latest version.
Module Loader present




上記の実行結果より Xorg 6.8.2 ということがわかりました。 ここでは Xorg 6.8用のドライバ(fglrx_6_8_0-8.19.10-1.i386.rpm)を利用します。

ドライバはインストールはルートユーザで行います。
インストール方法は次の通りです。 (ユーザーの入力したコマンドは赤(太字)で示します)

1. ルートユーザになりコンソールモードに変更する。 コンソールモードに変わったら再度ログインします。


> su -
Password: ←パスワードを入力
# init 3


console login: root
Password: ←パスワードを入力
...
#





2. ドライバをインストールします。


# rpm -ihv fglrx_6_8_0-8.19.10-1.i386.rpm





3. xorg.conf(X-Window環境の設定ファイル)を作成します。
fglrxconfig と aticonfig という2つのコマンドがあります。
fglrxconfig は対話形式のインストーラを起動するコマンドです。
aticonfig は自動的にxrog.confを作成するコマンドです。
aticonfig --initial --input=/etc/X11/xorg.conf
のように実行します。

下の例は fglrxcofig を実行したときのものです。


# fglrxconfig

==============================================================================

This program will create the ATI "xorg.conf" file
- based on your selections - for the following video cards...

- ATI Radeon 8500 / 9100
- ATI FireGL 8700 / 8800 / E1
- ATI FireGL T2
- ATI Radeon 9000
- ATI Radeon 9200
- ATI Radeon 9500
- ATI Radeon 9600
- ATI Radeon 9700
- ATI Radeon 9800
- ATI FireGL Z1 / X1 / X2
- ATI Mobility M9
- ATI Mobility FireGL 9000
- ATI Mobility M9PLUS
- ATI FireGL V3100 / V5100 / V7100

The "xorg.conf" file usually resides in /etc/X11.


Press [Enter] to continue, press 'q'&[Enter] or [Ctrl]+'c' to abort.




4. Xを再起動します。


# init 5





5. Xの再起動後、fglrxinfoコマンドで OpenGL設定が正しく行われたことを確認します。


# fglrxinfo
display: :0.0 screen: 0
OpenGL vendor string: ATI Technologies Inc.
OpenGL renderer string: MOBILITY RADEON 9600 Generic
OpenGL version string: 1.3.5461 (X4.3.0-8.19.10)





root@KanotixBox:~/downloads# alien --scripts fglrx_6_8_0-8.23.7-1.i386.rpm
fglrx-6-8-0_8.23.7-2_i386.deb generated


ATI Linux driver packages for Debian
http://xoomer.virgilio.it/flavio.stanchina/debian/fglrx-installer.html
The following packages install the ATI driver for X.Org 6.8.0 for the i386 architecture. You need just the -driver and -kernel-src packages for normal use (see detailed instructions).

You can download these packages with apt by adding one of the following lines to your /etc/apt/sources.list file:

deb http://xoomer.virgilio.it/flavio.stanchina/debian-fglrx-xorg/ /
deb http://stanchina.sesse.net/debian-fglrx-xorg/ / #thanks to Steinar

If you are using the latest APT with signature checking, get my GPG key here.
Packages
Name Size MD5SUM
fglrx-driver_8.19.10-1_i386.deb
fglrx-driver-dev_8.19.10-1_i386.deb
fglrx-kernel-src_8.19.10-1_i386.deb
fglrx-control-qt3_8.19.10-1_i386.deb
fglrx-sources_8.19.10-1_i386.deb
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-14 23:31 | Linuxメモ
大戦略8
大戦略8が7年ぶりに出るそうだ。

が、

プロモーション動画を見た限り、「時代遅れ」な感じ。今どきフルポリゴンで戦場を再現とか言ってるし。一番重要なゲームシステムについてはほとんど触れていないので、昔ながらのファンが買うべきかどうかの判断もできない。値段も強気でほとんど博打に近いかと。

それよりRTS「Act of War:High Treason」のデモ版をがXpで起動しないよ。どうなってんの。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-14 21:51 | ゲーム・CS
新作VGA
最近出たばかりのVGAにミドルレンジで高性能という昔のGF66GTのような印象のカードが出てる。
とくにATIはちょっと前までハイエンドだったものとそう変わらない性能らしいのでお徳な印象。
どっちにしてもPCI-EXボードに乗り換えないとならないんですがね。

ATIのCrossFireはマザーを選ばないということらしい。nvidiaのSLIはマザー対応必須。

CPUはAMDのSocket AM2が解禁になり、今後939からシフトしていくという。メモリがDDR2になるのでDDRと互換性はないのでメモリも買い替えになる。これで939マザーとCPUがやすくなる?

P4はDELLみたいに激安品でもでない限り眼中にはないのでAMDに期待。

スペック
ex. GV-NX76T256DB-RH
GeForce 7600 GT
コアクロック:560MHz
メモリクロック:1.4GHz相当
グラフィックスメモリ容量:256MB
予想実売価格:2万7000円前後

Radeon X1800 GTO
想定価格249ドル。1ドル118円で計算した場合,3万円を割り込む計算になる。
コアクロック500MHz
メモリクロック1GHz相当(500MHz DDR)
メモリバス256bit
上位モデルのRadeon X1800 XLとまったく同じ。シェーダユニット数はピクセル12基,頂点8基で,前者が上位モデルから4基削られているだけだ。

[PR]
by e_kotatu | 2006-03-14 20:55 | PC・アキバ
フルメタル・パニック!特別版OVA
フルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA「わりとヒマな戦隊長の一日」限定版
発売日:2006/05/26
収録時間: 30分
販売価格:¥5,406
■特典
描き下ろしジャケット/ピクチャーレーベル/カラー解説書/CDドラマ(1話収録)

は、シリアスではなく、ふもっふ路線らしい。しかもテッサが活躍するっぽい。見たいね。ドラマCDが付くとはいえ価格がすごい。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-14 16:00 | アニメ・声優
viの使いかた
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/vi-user-usage.html
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-14 15:18 | Linuxメモ
KanotixHDDインストしてみた
HDDがいっぱいでどうにもならないので、4GBの古いのを引っ張り出してインスト。LIVEでは使えていたネットが使えなかったが、他は問題なさそう。ネットもコンソールでログインしてからnetcardconfigで設定して繋がった。KDE上からではエラーでてできなかったけど。

FIREFOX上でアニメイト(asx)も黒うさ(rm)もmplayerプラグインで聞けてしまう。アニラジは全て聞けることが判明。windoswぶっこわれちまったけど、ラジオ聞きたいときにもLivecdが使えそうだ。

今は無理だが今後OS入れるときはKANOTIXも入れるようにしとこう。容量は2Gを越えてるので最低でも3Gはいるな。

サスペンドを使うにはSWAPをメモリの1.5から2倍ほどいるらしい。1Gメモリなので2Gか。テストもできないな。

operaいれようとしたが、libがないといってエラー出た。

ノートではどのライブCDでも自動認識しなかったPLANEX lanカードを自動認識した。

ubutuは起動が遅くて厳しいな。しょぼいDVDROMを差し引いても遅すぎる。HDDインストして使うのがいいらしいけどgnomeは使ってないのもあってあまりよい印象がなかった。メニューにあるソフトも少なかったし。
[PR]
by e_kotatu | 2006-03-14 14:18 | Linuxメモ
   

おきらく思いつきマイメモ記(ただのメモ帳ですから)
by e_kotatu
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧